» 2014 » 9月

やくの木と漆の館

投稿日:2014年9月29日

近づくイベントのDMを置かせてもらいに京都府福知山市夜久野町の「やくの木と漆の館」に出かけました。

ここはいつ来ても面白い作品を展示されています。

今回は漆塗りのギターです!

DSC_0067

ビジョーらしき物もネックに貼付けてありロックしてます。

この作品の作者は、楽器造りを生業にしているのではなく全くの趣味。

しかしいずれも音は素晴らしくプロの方からも依頼があるほど。

「見るだけの美術品としてではなく、ギターとして弦を響かせるための漆塗りは高度の技術がいるのです。」と、館長さんの高橋さん。

DSC_0070

ここのスタッフの方は女性ばかり。昨日初めて館長さんにお会い出来ました。

手仕事への強い想いが伝わりました。

そして、その手仕事をより魅力的に発信されてます。

丹波木綿。丹後和紙。丹波漆。宝が一杯。

ところでこのギターの制作者、ご自身がギターで奏でるのは・・・民謡らしい!

 


カテゴリー:日記

つながる

投稿日:2014年9月26日

庭の西王母の花が開いている事に今朝、気づく。

IMG_9532

その横ではクレマチスが。

IMG_9533

すすきは私の背丈より高く見上げる程。季節はどんどん進んで行く。

この秋の企画展のDMも昨日投函して、そろそろ皆さんのお手元に届く頃。素敵な作品が多いので一人でも多くの方にお越し頂きたいです!

去年から今年にかけて、その企画展のために展示会やクラフト展を見て回りました。

その中で出会った作品の作家さんに手紙やメールでお声かけしてありがたい事に多くの繋がりが出来ました。

実はお一人何のお返事も頂けない方があり、ちょっと心折れてましたが昨日展示会のDMが入った封書がふらりとやって来てくれたんです!

丁寧なお手紙と共に・・・。佃信吾さん、ありがとう!

DMを見るとほんとにお忙しそうで、私は創作活動の邪魔をしたようです。

東京南青山の「OVE南青山」panorama exhibition  魅力的な作品展!でも9月28日まで。

10月には京都のギャラリーで二人展を開かれるようなのでそっちに行きます。

しかし、10月はイベント目白押し。


カテゴリー:未分類

裏路地

投稿日:2014年9月23日

お天気に恵まれたお彼岸の中日。

IMG_9524

去年亡くなった義母はおはぎが大好物でした。

作るのもとても上手で、あんこの塩の効かせ方が絶妙でしたね。

そんな義母のために私が作るより美味しいおはぎを求めて出石のおはぎやさんへ。

 

あまりのいいお天気で車を少し離れたところに駐車して町中を散策してみました。

観光客が多いのにビックリ。小さな路地を折れ曲がると懐かしい感じの路面店や昔の建築物が建っていて、私も遠来の観光客のふりしてキョロキョロ。

靴屋のおじさんと話してみたり、お洗濯干し中のお母さんに超えかけてみたりとなんてフレンドリーな私!

「遠くから来んさったか」と言われて「ええ、まぁ」と笑ってごまかして「出石は良いところですねぇ」とご挨拶してお別れしました。

小さな町なのでくるくる回っていると同じ路地に出たりして楽しめます。

楽しい小時間でした!

Exif_JPEG_PICTURE

 

 


カテゴリー:日記

秋の恵み

投稿日:2014年9月22日

過ごしやすい季節です。朝夕は涼しくなってもくめ屋のおかみさんは先日の冷気に負けてなんと!コタツを引っ張り出してしまいました!

まだ9月だというのに・・・。こんなことでは冬はどうなるんだろう・・・。暖かい靴下を買わなくては!

さて、今年はイチジクと栗のナリ年。イチジクはもう2回もジャムにして、そのジャムをベースに毎日少しずつ成る新しい実でイチジクソースをつくります。ヨーグルトと合わせて朝食に。

IMG_9522

そして栗もあちこちから頂きます。

これは主人が現場近くで拾って来た野生のシバ栗。美味しそうだけど、皮むきが・・・。

IMG_9516

自然の恵みを体に蓄えて寒い冬に備えるぞ!


カテゴリー:日記

くまちゃんのつぶやき

投稿日:2014年9月14日

私は四月生まれの女の子。

美味しそうなキノコに惹かれて、ちょっと遊びに来ました。

IMG_9531 2

 

背中のキラキラは今流行のアクセサリーよ。気にしないでね。

あら!あの建物は何?

IMG_9533

よいしょ!

IMG_9534 2

まあ!素敵!なんて居心地いいんでしょう!

IMG_9535 2

実はこれインターンシップで預かった子の作品。

大切な人形のための棚を作成しました。

約2週間。80時間。左官作業や模型造り等木造建築以外の事も学びました。

最初インターンシップの場所をもくめ屋に決めて来てくれたとき、どうしてうちなんだろう?と不思議でした。

もっと有名な、大手の業者が沢山あるのに。

そして、解りました。彼女は仕事はとても丁寧で手先も器用。もちろん優秀なのでレポートもそつなくまとめる。

でも一番優れているところは、とびっきりの笑顔と素直な性格です。

だから選んでくれたのかな。

こんないい子がいるなんて!

偏屈物の親方の指導でコツコツと物を創り、休憩時間にはニコニコと楽しそうに話します。

彼女は随分気も使った事でしょう。

ほんとに行き届かなくて、もしかしたら期待はずれだったかもしれないけどごめんなさいね。

ただ、親方はこの2週間とても楽しそうでした。

その子が昨日の朝、いつもと同じ可愛い顔で挨拶にきて自宅のある明石に帰りました。

最後にもくめ屋の前でクリエイツさんも一緒に記念写真。

・・・親方の肩が少し沈んでます。 又遊びに来てね!


カテゴリー:日記