» 2015 » 4月

京都ふるどうぐ市

投稿日:2015年4月27日

和家具の面白い蕨手を求めて、京都に出かけるついでに「京都ふるどうぐ市」に行ってきました。

日本で最古の小学校の一つ元・立誠小学校。第2回目とある。

Exif_JPEG_PICTURE

朝一に入って、しばらくするともうてんこ盛りの人で軟弱な私はまたしても人の波に弾き飛ばされる。

もう何がなんやら・・・。関西だけでなく関東からの出店者も多く多彩な品揃え。

使い方次第で楽しみ方がいくらでもありそうな宝ものがザクザク。面白いわ〜。

すぐにでも壊れそうなピンチのついた小さなブリキのロウソク立て。若い男の子が必死の形相で選んでたけどどう使うんやろ?選んでいる最中に壊れてしまいそうでしたけど・・・。

しかし、どのお店もセンスが良い。訪れているお客様もおしゃれな人が多くて私はそちらの方で楽しめました。

ところでうちの親方は人混みが嫌い。あっという間に会場の外に避難しておりました。

その後久しぶりに京極通りをプラプラ。京都は筍がてんこ盛り!

Exif_JPEG_PICTURE

初夏です。

 

 


カテゴリー:日記

季節の移ろい

投稿日:2015年4月24日

半袖Tシャツのお兄ちゃんを見かけました。

初夏のような陽気です。

心配していた庭のもみじも新緑に輝いてくれました。

IMG_9898

著莪が清楚な花を咲かせてくれたと思っていたら、ドウダンツツジは散らせた白い花であたりを染め、気づかない間に紫蘭も蕾に。

あんなに色のない庭だったのに海老根も都忘れも鳴子百合も・・・。

IMG_9891

去年の今頃は春の企画展でしたねぇ。

あっという間です。

今年も結構早くから計画していたにも関わらず春のこの時期にはとうとう間に合わず。イロイロ考えていて先に進んでないのが現状です。

ボチボチ・・・行きます。

 

 


カテゴリー:日記

幅節炸裂

投稿日:2015年4月21日

4月の但馬コネクションはブックディレクターの幅允孝(はばよしたか)氏。

『人が本屋に来ないので、人がいる場所に本を持ち出し、知らない本に偶然出くわす機会を日常の中に点在させたい。』とエッセイの冒頭にある。

さて、どんな感じなんだろうと思っていたらTVの『情熱大陸』で見たまんま。(当たり前だけどね)

語り口は優しく、つかみはもちろん核心をつく話もユーモアたっぷり!

何よりびっくりしたのは場の雰囲気を読み取り必要とされている話がどんどん盛り込まれていく事。

それにしてもどれだけ本が好きなのだろう、と思う。

あらゆるジャンルに広くそして深い。一日に数冊の本を併読しながら日本各地を飛び回り、人と出会い、繋がり、自分の会社を動かしサッカーとジャズをこよなく愛し・・・。この人は何者なのだ!と思うほど。

楽しんでます。と言われる。だから手掛けられた場所に人が集まるのだと思う。

このミーハーなおばちゃんは舞い上がりましてエッセイを購入してサインを貰い、握手までしていただく始末。

そして購入した本ももちろん面白い。ここでもまた幅さんの幅の深さと広さに口あんぐりでした。

IMG_9869

幅ワールド、楽しませてもらいました。

 

 

 


カテゴリー:日記

城崎の移動図書館

投稿日:2015年4月16日

先日のこと。豊岡市立図書館城崎分館に用事があって出かける。

行きの車中でもしかして・・・と案じていた通り不安的中。・・・休館日だった。

ここまで来たのだからと気になっていた 「ブックディレクター 幅 允孝さん」セレクトの移動図書館を目指すことにする。

国際アートセンターにあるとのこと。

滞在型の創造活動の拠点として使われている場所。例えばお芝居だったりダンスだったり、ここで長期滞在しながら練習して作品を完成させていくところらしい。

こんなに近くにいるのに初めて来ました!

DSC_0047

ロビーに入るとすぐ楽しそうな本が並んだ車がお出迎え。

DSC_0046

どの本も静かな笑顔で待ち受けてくれている。

DSC_0043

温泉に関する本。旅行に関する本。もちろん志賀直哉の「城崎にて」も!

スヌーピーもある。

セレクトが深い。「へぇ〜こんな本があったんだ。」と独り言をつぶやいてしまう。

本屋での背表紙との出会いに心躍らせた時間を思い出した。

最近本屋も図書館も遠のいているからなぁ。

本はアマゾンで買い、調べ物はネットで検索。知った気になっているけどまるっきり知識として蓄積されてないのが今の自分だ。

本を手に取れば思うままにどこの世界にも出かけられるのに。モッタイナイ。

 

 

本日の市立図書館の休館日に感謝!

そして、丁寧に調べて対応してくださった美しい城崎支所の女性職員の方、それから国際アートセンターの館長さん、本来はお休みの日ですのに男前の笑顔で、豊かで素晴らしい説明でおもてなししていただきました。

雨降りが春の優しい雨に変わった一日でありました。

ところで、国際アートセンターのロビーには被り物のコウノトリが足を広げて座ってます。

DSC_0041

やっぱりコウノトリってちょっと怖いよ〜。お行儀悪いし。

 

 

 

 


カテゴリー:日記

もくめ屋の現在の現場・・・報告

投稿日:2015年4月14日

今の現場がそろそろ形になってきたようです。

以前紹介した栗の梁もこんな風に存在感をみせて建物を引き締めている。

うまく収まってます。

ずっと以前から、ここで支えてました・・・という静かで力強い佇まい。

DSCN7990

ミニキッチンの無垢板のカウンター。

設えられた前の壁には無双窓が。面白い。

DSCN7991

実はここ建築会社の事務所です。

事務所としてだけでなく気の合うお仲間との集う場所にもなりそう。

お互い同じ現場で仕事をする方からのご依頼ですが、どちらも家を創ることにこだわりがあり楽しそうな現場です。

壁や照明が入ればもっと雰囲気が出るのでしょうね。

それはまたのお楽しみ。


カテゴリー:日記