» 2017 » 7月

冠木門のこわき戸完成

投稿日:2017年7月28日

先日お知らせした冠木門。

こわき戸が仮板でしたが建具が出来上がりました。材質は栗です。

DSCN8185

完全お披露目です。

DSCN8186

丁寧な仕事ぶりの伺える美しい門になりました。


カテゴリー:日記

母から娘へ 浴衣

投稿日:2017年7月24日

出石の夜市のお手伝いに出かける娘が、浴衣を着ていくと言いだした。

30年ほど前に親子お揃いで誂えた浴衣です。

その頃の娘はもちろん、肩あげに兵児帯という可愛らしい浴衣姿。

あげを下せば大人になっても着られるように仕立てましたが、さすがに今回は私用に作った浴衣で。

麻の半幅帯は渋い紫。ちょっと地味かもしれないと思ったけど若いからかえって個性的になったと思う。

IMG_1521

 

でも浴衣といえども、人に着物を着つけるというのなんて難しいのでしょう!!

自分で着る方がよほど簡単。美容師さんや着付け師さんの偉大さを知りました。

IMG_1520

 


カテゴリー:日記

マイセンの美

投稿日:2017年7月22日

マイセンの美   -いとしのフィギュリン 華麗なるセルヴィス-     展に行ってきました。

兵庫県篠山市にある 兵庫陶芸美術館 

あいにくの曇り空。

IMG_1513

約100点もの作品が並びます。

愛らしく表現された子どものフィギュリン(陶製人形)、繊細に作りこまれた大壺、華麗なセルヴィス(食器セット)

作品の周りを何度も回り、次の作品までなかなか行く事が出来ません。

それにしても、どこに口をつければ良いの?!と悩む程小さな花が付けられたカップや装飾品で飾られた器は洗うとき大変!・・・と、感じるのは私だけ?

(この時代の階級制度についてちょっと考えてしまった。)

展示の中で写真撮影の許された部屋。

IMG_1512

IMG_1510

一つ一つ繊細な手仕事はやっぱり美しい。そして愛らしい。

IMG_1507

8月27日まで。


カテゴリー:日記

もくめ屋 看板修理終了

投稿日:2017年7月19日

雨の少ない梅雨が明けました。

湿度による不快感はなくなりましたが、暑さが厳しい!

豊岡は連日、「日本の暑さ上位」に君臨しています。

ところで、もくめ屋の看板修理がやっと完成。

上下の色の違いが目立ちますね。

IMG_1500

さて、こちらは裏の工場に咲いている蓮です。古いバスタブに咲いてます。

葉っぱばっかりだけど。

IMG_1499

そして、これは我が家の庭にある植木鉢の花。

IMG_1496

もうすぐお盆の時期を迎えます。

 


カテゴリー:日記

七事式 

投稿日:2017年7月18日

お茶のお稽古を始めて、7年程。

月一回のお稽古。

忘れる事の激しい、不出来な生徒です。

先生が見放す事をせず導いてくださってなんとか続けることができました。

お茶のお稽古だけでなく、日本史から美術、古典芸能への門戸も開いていただいてます。

自国の事なのに知らない事のなんと多いのでしょう!

さて、今日は「七事式」の中の「且座」というお稽古です。

折据という札で役割が決まるため気が抜けません。

花入れや炭点前、聞香まであります。

覚えが悪いので他の方にご迷惑をおかけしてはいけない!と予習して望むのですが、驚くような間の抜けた事をやって爆笑をかっております。

IMG_1490


カテゴリー:日記