» 2017 » 9月

毎日コツコツ・・・親方の仕事

投稿日:2017年9月28日

最近の木造建築はプレカット加工が主流です。

プレカット加工はコストが低く抑えられ現場での間違いもなく利点はたくさんあります。

ただ、自然な姿を生かした木材を使用する時には歪みや性質を見極めながらの昔ながらの手法が必要となります。

それが大工の墨付け、手刻みです。

但馬の田舎でもこの墨付けが正確にできる大工さんはどれだけいるのでしょう?

墨付けをするような住宅が少なくなりました。

近い将来、大工職人と呼ばれる人は既製品の部品を貼ったり組み立てたりする人になってしまうかもしれません。

一部の神社仏閣だけの技術継承にならない事を願ってます。

技は使い続けて磨かれていきます。

さて、もくめ屋の棟梁は地道に墨付けと手刻みの毎日です。

これは栗。梁になるようです。

IMG_1669

作業の途中の道具たち。

IMG_1670


カテゴリー:日記

インスタグラム始めました!

投稿日:2017年9月22日

涼しくなって過ごしやすくなりましたね。

さて、もくめ屋では実に3年ぶりにイベントを企画しています!

なんと!3年ぶり!です。

そこで娘が「お母さん!今は情報発信の時代。インスタ始めよう!」

とお尻を叩かれました。

何やねん。そのインスタちゅうのは。ブログとどう違うの?

と訳もわからぬままに、しかしここは若者の意見に乗ってみる事に。

 

初めてのアップはこんな感じにしてみました。

IMG_1660

フォローしていただくと嬉しいです。


カテゴリー:日記

重陽の節句 月釜

投稿日:2017年9月13日

 

久しぶりに弘道館の月釜に出かける。

IMG_1622

今回のテーマは「月」

IMG_6538

秋風に たなびく雲の たえ間より 漏れ出づる月の 影のさやけさ

藤原顕輔

弘道館の太田さんは相変わらずご多忙で、世界各地を飛び回っていらっしゃいます。

その訪れた土地で巡り合ったものをうまく見立てて設えてくださるのも楽しみの一つ。

中でも皆さんの歓声が上がったのは向こうに見える惚けた表情のロバ。海を渡ってやってきました。

背中に乗せているのはお茶巾ですよ。お水差しです!

IMG_1637

口は開かないようでしたが鼻の穴と周辺のヒゲの模様から注がれたようです。(こうして文字にするとチョット引きますね。)

太田さんの蘊蓄も楽しくて、電車にのって出かけた甲斐がありました。

IMG_1620

実は、この日のメインはもう一件の月釜。

私の先生のお友達が、初めて月釜の席主を務められるというお目出度い日にご同伴させていただきました。

IMG_1633

美しく手入れされた苔の庭を進みます。

お席では、重陽の節句にちなんでテーマが「菊慈童」

説明くださるその内容も深くて広くてさすがに知識の多さに驚きました。

私に知識があればもっと楽しめたはずなのに、もったいないなぁ。

やれやれ、毎回この文言を呟いている私・・・。


カテゴリー:日記

鹿だけでなくアライグマまでお出まし。

投稿日:2017年9月8日

過ごしやすくなりました。工場横のぶどうの木。今年もたわわに実がなり収穫する。

こんなにどっさり!ジュースにしていただきます!無農薬です!まぁ、放置しているだけのことなんですが。

IMG_1615

コスモス

IMG_1617

IMG_1614

過ごしやすくなるのは動物も一緒のようです。

連日小鹿ががもくめ屋の周辺に出没してます。草を食み中。

IMG_1616

そして、なんと!アライグマを発見!

もくめ屋の窓から見える柿の木の枝を伝って隣の工場の屋根裏にもぐりこみました。

見えるかしら?柿の葉の間の顔!

IMG_1612

ここは一体どこなんだ!と叫びたくなる一日でした。

ねぐらにしていたその場所は今は封鎖され、柿の枝も切り落とされてます。

どこへ流れて行ったのやら・・・。

 


カテゴリー:日記