» 2018 » 3月

春のテーブル展 天板制作追い込み中

投稿日:2018年3月27日

自宅からすぐのところに小さな丘がある。

その丘に上がる緩やかな坂道沿いの桜もやっとチラホラ咲き出した。さすがの但馬もいよいよ春です!

IMG_6713

「春のテーブル展」に向けての準備も進んでいます。

今、塗装中のブラックチェリー。作業台に乗せた状態です。

IMG_2036

きめ細かく柔らかな手触りです。光沢のある赤茶系のもくめは表情が美しく、時とともに深みを増していきます。

他にも数種類天板を準備中です。ご期待ください。

Print

 


カテゴリー:日記

企画展DM撮影終了

投稿日:2018年3月21日

春のテーブル展のDM撮影が天候の関係もあり思うような写真が撮れないでいた。

ロケハンも含め4回、天気予報を睨みながら植村直己冒険館にテーブルを運ぶ。

風が強く厳しい冷え込みの中、気まぐれな太陽の顔出しを待ちます。

IMG_2030

粘って粘って・・・

IMG_2026

どうにかお陽様のご機嫌も良くなる。そして私はすっかり寒さにやられて風邪をひいてしまいました。

3日間寝たり起きたりの生活でした。

無理がきかなくなってますねぇ。

でも何とかDMのデータが完成したのでホッとしてます。4月の初めにはお客様のお手元にお届けできそうです。


カテゴリー:日記

3月の京都にて 

投稿日:2018年3月16日

今年の春は一気にやってきた。でも、朝はまだ寒い。

毎月一回、野村美術館の講義を受ける日は自宅を6時過ぎに出る。夜が明けるのが早くなったが朝は冬のコートが恋しい。

ところが、日中の気温が20度を超えるという天気予報。少しばかり我慢して、薄いコートにマフラー、手袋と調節できるいでたちで向かいます。

でも、足裏にはホッカイロをちゃっかり貼り付けて。冷え症なんです。

京都駅ではダウンコートに冬用ブーツの人もたくさん見かけましたが気温は予想どおりグングン上昇します。

講義を終えて外に出るともう半袖の人がいらっしゃいました。

私もマフラーはもちろんのこと、コートを脱ぎ、ブラウス一枚脱ぎ、靴下一枚脱ぎ、ホッカイロも剥ぎ取りました。

それでも、汗ばむ陽気でした。

IMG_2012

いつも講座後は美術館や気になるイベントを回ります。

以前から気になっていたギャラリー「日日」。その近くにある本屋さんの「誠光社」。

IMG_2018

IMG_2019

時間を忘れそうになるくらいの空間で夢中になって見て、触れる。

空っぽになりそうだった引き出しの中に少し忍ばせる事が出来ました。

学べば学ぶほど知らない事が増えていきます。

学びには知力はもちろんの事、体力も必要とするが私にとって一番維持するのが難しいのが気力です。

すぐポッキリと折れてしまう心と粘りのない精神。

しかし、頑張りますよ!

連日、春の企画展に向け思うように進まない壁にぶち当たりながら「粘ってやる!」と呟く。


カテゴリー:日記

チキリ

投稿日:2018年3月13日

無垢の木には節や割れが入っているものがほとんどです。

それを味として捉え、うまく生かせば個性的で魅力のあるものに変えることができます。

例えば、チキリの活用です。

チキリとは木の割れの進行を止めるためや接合させる時に補強材として使う木材のことを言います。

蝶々のような形を目にすることが多いですね。それは蝶チキリと呼びます。

ちょっと変わったチキリの使い方のご紹介です。

コンクリート製の階段部分の上に木製の板がボルトで固定されています。

そのボルトを隠すためにアルミ製の蝶チキリを使いました。

アクセントと強度を生み出した階段になりました。愛らしいです。

DSCN8273

 

 

 


カテゴリー:日記

鳥山高史さんの工房にて

投稿日:2018年3月9日

4月に計画しているテーブル展はもくめ屋と鳥山高史さんとのコラボです。

鳥山さんが培ったアイアンの加工技術ともくめ屋の親方が選んだ無垢の板。

鋼材と自然素材。アーティストと職人。こだわりの二人がそれぞれの得意とする分野で力を合わせます。

今日、詳細な打ち合わせも兼ねて丹波市にある鳥山さんの工房にお邪魔してきました。

工房兼自宅は集落の一番奥。山の麓にあり、周辺は大きな木に囲まれた広い静かな場所でした。

お天気が悪くて鈍色の空ですが、桜の大木です。

IMG_1989

他にも数種類の椿など、家の周りは花の咲く樹木に囲まれていて春は百花繚乱の様相を呈するのでしょう!

IMG_1986

さて、一度もくめ屋に持参いただいた小テーブルの脚は「少し華奢すぎた。」と改めて作り直してもらってました。

豊岡から持って行った欅の天板をのせてみます。

雰囲気はなかなか良い感じですがもう少し改良するところがあるようで、二人で念入りに打ち合わせていました。

工房の中も拝見しました。工房も使っている炉も自作です。

どこまでもストイックに作品作りに臨んでいらっしゃる姿勢を改めて感じました。

もくめ屋と鳥山高史さんのコラボレーションは私たちにとって新しい試みです。

春の訪れとともにワクワクするような内容にしようと奮闘中です。

どうぞお楽しみに!!


カテゴリー:日記