» 未分類

南禅寺周辺

投稿日:2018年2月22日

京都地下鉄東西線「蹴上」駅からすぐのところに煉瓦でつくられた歩行者用トンネルがある。

IMG_1948

「雄観奇想」この扁額の文字が気になって調べてみたら養父市出身の北垣国道書とある。

北垣氏は明治23年、当時京都府知事を務めていて琵琶湖疏水を完成させたらしい。

「雄観奇想」優れた眺めと思いもよらない考えという意味。

琵琶湖疏水による水の力は動力から飲み水まで生み出し、まさに奇想ですものね。そして何と言ってもこの辺りの景色は美しい。

このトンネルの上がインクライン跡です。抜けると南禅寺に向かいます。

まだ2月なのでさすがに京都でも10時前は人が少ない。

南禅寺の三門も独り占め。でも、この寒さの中境内の掃除のお務めをされてました。

頭下がります。

IMG_1951

静かなお寺と溜息の出そうな邸宅が続く中をゆっくり散策。

IMG_1949

今日は野村美術館の「工芸を見る会」の日。

今日の内容は「青磁」について。

講義終了後に「新古美術の善田昌運堂」のショーウインドウのお茶席の設えと出会う。

ウインドー越しに額をくっつけながら覗いていると社長自ら2Fのギャラリーへお招きくださる。

0が何個ついてるんだ!!というようなお値段の伝来ものを惜しげもなく見せていただく。

「どうぞお手にとって」と言われるがもし何か粗相があっては弁償できない額ですぞ!

今日教わった「青磁」もありました。「ああ、これは尊型ですね。貫入があるから砧ではないですね。」

とペラッペラの知識で知ったかぶりしてきました (;^_^A

来月も楽しみですがどんどん観光客が増えるんだろうな・・・(汗)


カテゴリー:未分類

フィールドオブクラフト倉敷2016

投稿日:2016年5月25日

今年も行ってきました。

フィールドオブクラフト倉敷2016.

FullSizeRender

まず中矢さんのブースにご挨拶。相変わらずの人気ぶりです。

FullSizeRender

お客様が多いのに親方の話を丁寧に聞いてくださってありがとうございます。

この日は30度越えの夏日で噴水の水場で遊ぶ子供たちの気持ち良さそうなこと!

FullSizeRender

久しぶりに大原美術館へ。

大原美術館が倉敷のカモ井加工紙の人気ブランド「mt」マスキングテープでくるまれてます!

FullSizeRender

館内でもmtが高い天井から数百本?吊り下げられたりしていて美しい空間が広がってました。

ところで大原美術館は美術の教科書に出てくるような超有名な作品がこんなに揃ってたんですね!

いや改めて大原孫三郎氏に感謝しました。

工芸館も回ります。

FullSizeRender 2

民藝運動に関わった河井寛次郎、富本憲吉、バーナードリーチ等の作品が並ぶ。その展示ケースも全て芹沢銈介のデザインらしい。

親方は工芸より工芸館の建築に惹かれておりました。

元々大原家の土蔵を改造したとのこと。

木煉瓦の床、棟方志功の展示室の壁と柱。

手すり。窓枠。

見所満載です!

歩き疲れてランチしたのはもちろん「手打ちうどんのおおにし」

FullSizeRender

相変わらず超一流の接客ぶりのお兄さんにもうどんのコシにも大満足でした。


カテゴリー:未分類

日本伝統工芸近畿展

投稿日:2016年5月19日

京都の高島屋で開催中の日本伝統工芸近畿展。

ちょうど野村美術館の講義の日が開催初日という嬉しい日程。

講義後に行ってきました。

入口入ってすぐの拭き漆の作品。

作者「岩井雄介」えっ?

「京丹波市」・・・えっ?あの岩井さん?

「栃拭漆十二角稜線皿」

2014年の企画展に出展頂いた作家さんです。京丹波市の工房には多くの作品が溢れていました。

あちこちの手作り市に出展されて「まだまだです。」とおっしゃっていたけどなんと新人奨励賞受賞の快挙!

栃の美しいもくめを生かした作品になってました。

主人が取引している木材市場を紹介したりして何かとその後も関わりがあります。

嬉しいですね!若い才能の成長していく過程に関われるなんて!

そして、伝統工芸展では常連と言われるほどの風格のある

「大久保修」氏  の  「欅杢目沈金色紙箱」

この方も同じ企画展でお世話になりました。

実はこの玉杢の欅の木はもくめ屋の親方がお譲りしたものです。

お二人とも入選なんて! おめでとうございます!

IMG_0119

 

 


カテゴリー:未分類

書家 川尾朋子さん

投稿日:2015年12月24日

この年末に、外せない用事があり京都まで出かけてきました。

寒くはないけど心配していたとおり、人の波に呑まれ滞在時間9時間過ぎる頃には頭がふわふわする始末。

私にもアラームランプが点灯するとは・・・。

山の中に生息するものはこんな時期に出歩くものではありませんね。

でも、とりあえず目的は達成出来て帰路につくべく京都駅をよろよろさまよっている時に飛び込んできたのがこれ!

DSC_0134

出石出身の書家、川尾朋子さんの作品。

すごいよね。

NHKの教育番組で書道の番組をされている時に拝見しましたが、雰囲気があってオーラを放っていらっしゃいました。

この電子掲示板はなかなかの大きさ!

そしてご自身が文字の一部になってらっしゃる。

京都駅の中央口周辺で上を見上げると飛び込んできます!

躍動感あふれる作品でした。


カテゴリー:未分類

カリスマ左官職人 久住章氏

投稿日:2015年9月22日

9月の但馬コネクションのゲストは日本一の左官職人だと呼ばれている久住章氏。

Exif_JPEG_PICTURE

桂離宮の補修も任され、そうかと思えばヨーロッパの技法を研究して新しい技を生み出して考えも及ばない建築物を誕生させる。

 

カリスマ左官職人と言われていてどんな人なんだろうと興味深々だったけど

久住さんは存在そのものにカリスマ性があり、恐らく他のどんな職業でもここまで上り詰めてしまうんだろうなという気がする。

それ程好奇心旺盛で、努力家で勤勉。

飄々とした絣のもんぺ姿で会場に登場しニコニコと笑顔で語られる。

「どうすればこの壁が出来上がるのか、技術も変化していく時代に合わせてその方法をわかりやすく伝える必要が有る。伝統は過去のものでない。さらに進化させていくものである。」

「使われている材料や技術は教わることが出来る。最後の違いが出るのはセンスです。」

ポンポンと熱い言葉がでてくる。

そしてこれは久住さん手作りのチリホーキ。

Exif_JPEG_PICTURE

チリホーキを見れば左官の腕がわかるらしい。

修復の終わったドーモキニャーナの囲炉裏。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

 

 

 


カテゴリー:未分類