» 日記

焼印

投稿日:2018年5月18日

CHIKIRI(ちきり)の焼印。

IMG_6730

何度も何度も練習を繰り返しいよいよ本番!

お客様の手元に渡るのですから緊張します。

なのに!いや、だからか!こんな事に!

IMG_6741

緊張して震える手で丁寧に押しましたが、思ったより煙が立ち上がるので満遍なく押せてなかったのでしょうね。

トホホ・・・。

焼印をおしてから塗装をかけるべきでした。

さて、天板は美しい絹のような艶のあるメープルです。

IMG_6746

木の大好きなお客様のお宅にお納めしました。

いつも、棟梁をご贔屓にしてくださるお客様なので記念の焼印により力入ったのです。

「CHIKIRIは読めるから大丈夫」とお許しいただきました。

ありがとうございます。

これから沢山の印が押せるように頑張ります!


カテゴリー:日記

気球フライト体験

投稿日:2018年5月16日

豊岡市は自然に恵まれています。

その一つ日高町の神鍋高原は冬はスキーやスノボー、雪のない時期は芝スキーやパラグライダーで一年中楽しめます。

そこに新たに気球が加わりました。

ロープなどで固定され一定範囲から動かないようにされている繋留気球(けいりゅうききゅう)です。

近くで体験出来るとあって5月の連休に早速出かけてきました。

お天気が落ち着いてれば神鍋の山頂からあがり、神鍋の火口跡を上から眺められるようです。

夕方の第一便は山頂から上がり、山の上にぽっかり気球が顔を覗かせてました。

IMG_2115

おお!テンション上がる!

でも、自然相手です。風の関係でその後のフライトは山頂からは厳しいという事で駐車場からのフライトになりました。

それでも高く上がった気球から360度ぐるりと展望出来る景色は美しい!

IMG_2123

高いところが苦手なので、屁っ放り腰のままバスケットの淵を握りしめてましたが、開放感は十分に味わえました。神鍋ドームの屋根が美しい。

IMG_2121

約5分間のフライトです。バスケットから見上げる気球の中も迫力いっぱい。

IMG_2119

今回の体験は夕方を予約しましたが、早朝のフライトもあるようです。

これからのシーズン、高原の美しい緑が陽光に映えて更に楽しめそうですね。

次は山頂からの景色を堪能したいです。


カテゴリー:日記

ちきり

投稿日:2018年4月23日

「ちきり」という名前は知らなくても多くの人は「ちきり」を目にしたことがあると思います。

木材の構造物に三角形を2つ、頂点で繋いだような蝶々のような可愛い割れ止めをこう呼びます。

IMG_6715

新しく家具ブランドとしてスタートさせたchikiri のロゴマーク。

Print

只今、焼印の練習中。

IMG_6731

 

 

 

 


カテゴリー:日記

春のテーブル展 chikiri

投稿日:2018年4月22日

春のテーブル展開催中です。

IMG_6724

IMG_6727

ダイニングテーブルは数種類の無垢の板の中から選べます。

こちらはhiテーブル。

IMG_6726

天板の板は何百年前のノコの挽き後が残る貴重なトチの木。

いろんな遊び方が出来そうです。

IMG_6723

無垢の木とアイアン。

二つの個性がそれぞれの得意分野で新しく繋がりました。

二つの異なる「もの」のコラボレーションから「ちきり」という名の家具ブランドを立ち上げました。

宜しくお願いします。

Print


カテゴリー:日記

お茶事 水屋の手伝い

投稿日:2018年4月11日

先日お茶事の水屋仕事を手伝わせていただきました。

本当に久しぶりなので不安を感じて、本を読み事前学習を試みましたがやはり途中から頭が回らず。

今するべきこと!これをうまくキャッチするのが難しいです。

今回も反省点ばかり。

IMG_2062

けれど終わってみると、その反省点を次につなげようという前向きな気持ちがムクムク湧いてくるから不思議です。

勉強になり楽しい一日でした。

ところで、今回のお茶事でも鳥山さんのSUITOUが寄り付き待合の灯りとして使われてました。

IMG_2067

さて、お茶事の方はお薄のお干菓子の出番です。水屋もちょっと動きが緩やかになりました。

IMG_E2065

楽寂静  自分自身の心の中にある騒音にまず気づくことが必要である。

(安泰寺九代目の住職ネルケ老師の説法より)


カテゴリー:日記