肥松のテーブル板

投稿日:2018年10月8日

光藤佐さんの個展がもう目の前。準備項目をメモ書きしているが何か忘れてそうで心配。

ちょっと最近夜中の1時から2時くらいに覚醒してしまい睡眠不足気味。

心配性だなぁ。と自分でも苦笑する毎日。

展示用に肥松の天板を出してみる。

ここでお抹茶を振る舞おう。きっと似合うと思う。

光藤さんの器も引き立つと思う。

一つ一つ準備進めます。

IMG_2475

 


カテゴリー:日記

第25回公募展 木彫アートフォークおおや

投稿日:2018年10月6日

秋らしいお天気の日に大屋町まで車で走る。「木彫アートフォークおおや」

会場の養父市立おおやホールまで我が家から約40分。平日の午前中という事もあり来場者が少なくてゆっくり見て回る。

北海道から九州まで全国各地からの応募があるようです。

今年のグランプリは北海道の仲間智登志さん。

作品名「おおやの森の物語りより第1章 創世記」

IMG_2449

 

フクロウの足元の工具は本物なんだろうか?表情も羽の質感も迫力あります。

私が気に入ったのがこれ。

作品名「ふくろのねずみ」

岐阜県の長沼克巳さん。

IMG_2451

写真ではうまく出てないけど木の本来の美しいもくめが生かされていて見とれました。

大屋町はいつ来ても自然が美しいと感じる。

近くにある養蚕ギャラリーまで足を伸ばして清らかな川辺で水音に聞き入る。

IMG_2459

おなじみの松田一樹さんの作品です。迎えてくれます。10月8日まで。

IMG_2462


カテゴリー:日記

2018.がっせぇアート展

投稿日:2018年10月5日

特定非営利活動法人がっせぇアートの展覧会が豊岡市交流センター「豊岡稽古堂」で開催されています。

IMG_2444

「がっせぇ」は但馬弁で「すごい」の意味。障害のある人たちのアート作品の発表の場です。今年で9回目をむかえました。

IMG_2438 (1)

初日、台風で警報がでていてこの週末も台風の影響があるようです。

室内のイベントでも出足に関係するので心配の種は尽きませんね。

作品はどれも個性にあふれていて会場を一巡りすると心の中が潤います。

IMG_2439

10月8日まで。


カテゴリー:日記

光藤佐展

投稿日:2018年10月4日

10月になると届くDMが多いように感じます。

もくめ屋も光藤佐展にむけて準備進めています。

障子の張替えもやっちゃいました!

わずかな枚数ですが思いの外、古い障子紙が綺麗に取れなくて難儀しましたわ。

新しい紙を貼るのは親方です。美しく貼ります。建具屋さんのような仕上がり!

ぽりぽりと障子紙を食べる虫がいて、開けた穴から陽射しが差し込んでまるで木洩れ陽のよう!私は気に入っていたのですが・・・。個展を機会に木洩れ陽を閉じ込めておきました。

10月13日(土)〜10月21日(日)まで。

料理も花も映える器が揃っています。

白磁面取花入

tasuku_01


カテゴリー:日記

親方の現場

投稿日:2018年9月27日

親方の現場の状況を覗きに行く。

梁が美しい。天井の杉板のコントラストがこれまた美しい。

IMG_6810

そして、これは土俵ではありません。

IMG_6812

ここに薪ストーブが備わります。

杉材。

いわゆる変木ですが、自然にここまで曲がるのですね。

山の斜面でよく見られますがこんなに同じ太さで成長するのは珍しいようです。

出来上がりはさてさて、どんな風になるのでしょう!


カテゴリー:日記
1 2 3 4 5 6 7 74