秋の個展の予定 陶芸家 光藤佐さん

投稿日:2018年1月16日

先日陶芸家の光藤佐さんの工房にお邪魔してきました。

我が家から光藤さんの工房まで約40分の道のりです。いつも道に迷うので

今回は番地までナビに入力して他力本願でなんとか無事到着。

何度訪れても気持ちの良い場所です。

まだ、1月9日だったのでご自身で制作された(!)しめ縄も飾ってありました。

IMG_1914

工房の中にはたくさんの作品が並んでおりました。

お忙しそうです。工房の外には薪になる木材が山積みです。

IMG_1909

この日、ご自宅周辺で採取された野草茶を頂きました。ほのかにドクダミの香もして

丁寧な暮らしぶりが伝わってきます。

「釜の作業に入るとその期間はそこに集中したい。作業が好きなんでしょうね。」

控えめに語られます。

でも、私は知っています。外ではあまり出されませんけど鋭い眼光をお持ちであることを。

工房前にある石のテーブルから覗く水滴の犬?獅子?

私はこの目は作者であると感じています。

IMG_1913

この秋に光藤さんの個展を企画しております。楽しみにしていてください。


カテゴリー:日記

干支展とお正月の漆器展 朝来と夜久野

投稿日:2018年1月10日

朝来芸術の森美術館で昨年末から開催されている干支展。

IMG_1891

2018年「戌」年も行って来ました。

IMG_1893

空飛ぶスーパーワンもいれば自分は狼だと勘違いしている愛らしい犬もおりました。

私の大好きな人形作家安保ゆきこさんの作品は今年も澄んだ清らかな目をした少女。

わんこのベストを着せて貰ってました。指先がふわっと動き出しそうでした。

書家の拝碵さんの書「戌」・・・皆見ごたえありました。14日までです。

その後、悪天候の中、やくの木と漆の館へ。

IMG_1906

親方は次の現場で使う漆についてご指導を仰いでおりました。

その間に私はお正月の漆器のミニ展示を楽しみました。

IMG_1905

実は、昨年求めた猪狩史幸さんの器で毎朝お味噌汁をいただくようになり、漆器が特別のものではなくなりました。

食洗機にはかけれないけど、お椀一つ手洗いすれば良いことです。

丁寧に使い続けていつかはあの美しい光沢へと作り上げたい。

完成させるのは使い手ですね。


カテゴリー:日記

2018年 初釜

投稿日:2018年1月8日

新しい年になりました。おめでとうございます。

m_1231_06

もくめ屋は2006年の秋にモデルルームとしてオープンしました。

手仕事を紹介する場所に!と考えて進めてきましたが、徐々にフットワークは重くなるばかり。

「いつ来ても閉まっている」とよくお叱りを受けたものです。

そんな時に鳥山高史さんと個展のお話が決まり、もう無我夢中でした。

大変でしたが多くの学びと出会いがあり、充実した濃密な時間を過ごしました。

ありがとうございました。

今年はまだまだこの波に乗ったまま進みます。

さて、今年の始まりもやはりお茶の話題から。初釜です。

IMG_1881

懐石料理も先生自ら手作りしてくださいます。

IMG_1882

なんと!今年は濃茶のお点前の役を承りました。

いくら身内のお点前とは言え、12人の目で見つめられると緊張しました〜!

でも、沢山笑って楽しい初釜でした。

初釜の待合には鳥谷高史さんの作品。温もりのある灯でお客様をお出迎えです。

IMG_1888

今年の目標。丁寧な暮らしぶりに努めること。

今年もどうぞ宜しくお願いします。


カテゴリー:日記

お正月準備

投稿日:2017年12月31日

2017年も後数時間を残すのみとなりました。

早いですねぇ。

12月は行事が盛りだくさんでブログにアップしたいのに、その時間が取れず気がつけば12月は3回しか

アップできていません。

焦りましたわ。

昨日はお正月準備でお餅つきをしました。

黒柿の杵です。

m_1231_01

孫たちもお手伝い・・・というより粉遊び。

m_1231_02

家中白い粉が飛び、かわいい小さな手形があちこちに。

さて、今年も多くの方に助けられ、お世話になった一年でした。

多くの出会いが、繋がり広がっていくことに喜びを感じています。

来年も手仕事にこだわりながら丁寧な仕事と暮らしに努めます。

どうぞよろしくお願いします。

もくめ屋の玄関の竿も清々しい青竹に。新年を迎える準備は整いました。

m_1231_04

皆様、どうぞ良いお年をお迎えくださいませ。

 


カテゴリー:日記

和室リフォーム

投稿日:2017年12月25日

こだわりのもくめ屋の仕事を好んでくださるお客様は、やはり無垢材にこだわった本物志向のお客様が多いです。

今、お世話になっている施主様も、親方以上にこだわりをお持ちの方です。

そのこだわりの和室のリフォームの一部をご紹介します。

元々、天井には梁はありませんでしたが遊び心たっぷりに仕上げています。

存在感のある美しい梁。栗材。

天井には煤竹で組んだ換気口の格子。この煤竹があるだけで梁の味が出てきますね。

DSCN8244

壁も新たに珪藻土で仕上げ、吸気口としても活用できる無双窓を取り付けました。

材はウォールナットと杉。

DSCN8247

どこをとってみても手仕事が感じられる、心が豊かになる空間です。

大人の遊び部屋。贅沢な一部屋です。

来年には他の部屋もお世話になります。

施主様より親方の方が楽しみにしているのかもしれません。

又、ご紹介できたらと思います。

ご期待ください。


カテゴリー:日記
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 70