漆掻き 猪狩史幸  みたての西山

投稿日:2017年12月11日

但馬にはいよいよ冬将軍のお出ましで、もくめ屋の蹲も雪景色です。

25086545_1761455683873777_570293481_o

毎日慌ただしく時間が過ぎていく。

鳥山高史さんの作品展が終わった後も作品の問い合わせが多く、それが英文のメールだったりするので対応に追われる日々でした。

但馬の片隅にありながら世界中と繋がっている事に喜びを感じております。

さあ!来年に向けてできる事を進めなくては!と意気込んで、12月6日に京都下鴨神社そばの川口美術へ出かけました。

漆掻き 猪狩史幸(いがき まさゆき)さんの作品展です。漆掻きの道具

IMG_1854

一年の半分で漆を掻き、残り半分で漆を塗り重ねるスタイルで活動されています。

10年ほどご自宅で使い込まれたお椀を拝見しましたが、重厚な美しい光沢をまとっていました。

生漆で塗られたお椀は生地のもくめもうっすらと透けて見る角度によって表情が違います。

猪狩史幸さんともくめ屋の親方。漆の事でなにやら熱く語り合う職人二人。

作品の間には役目を終えた漆の木が立かけられている。

IMG_1853

そして、この日を狙ってきたもうひとつの目的。

新羅土器・みたての西山の花生!

IMG_1857

ガラスの写り込みが激しく写真の質が悪くて西山さんに申し訳ない。

苔と小さな松。個性の強い土器を生かし小さな植物も引き立っている。

ただ唸るばかり・・・。脱帽。


カテゴリー:日記

鳥山高史展を終えて。

投稿日:2017年11月29日

三年ぶりの企画展。

更に本格的な個展は初めての経験です。

今回は「鳥山さんの好きなようにもくめ屋の空間を使ってください」とお願いして、

DMの撮影から空間の設えまで、全て鳥山さんのイメージで作り上げて頂きました。

久しぶりにギャラリーとして動かす事へ、漠然とした不安がDMの写真と搬入の当日の作品の種類と量に圧倒されて興奮状態!

 

もくめ屋が鳥山ワールドに!

IMG_8020

00

05

でも、ほんとに中国から買い付けにお見えになるとは!

そして、岡山からも。

鳥山さんの人気の凄さに驚くばかり。

IMG_7990

売れ筋のものに惑わされないで、本物の手仕事を紹介したい!

そう考えてもくめ屋をオープンさせたのに、少しブレ初めてどこか逃げている自分がいました。

今回、鳥山さんのまっすぐに筋の通った生き方に触れてもう一度原点に戻って楽しんでみようと決意!

忙しいとか年齢のせいにするのはもうやめよう。

八日間あんなに楽しかったんだもの。

終了日の夜、明日から日常に戻りちょっとゆっくりできるなぁ〜と思う以上に寂しさが胸に広がってました。

来年の春には次の企画展を計画してます!

その為に今から少しづつ準備を始めます。

ご期待ください。


カテゴリー:日記

夕暮れのもくめ屋

投稿日:2017年11月24日

いつも17時前には閉めてしまうもくめ屋ですが、鳥山高史展の期間中は18時まで開いています。

この時期、17時も過ぎると薄暗くなりますね。

IMG_6602

実は今回のもくめ屋は「SUITOU」の蝋燭の灯で、この時間が一番お勧め。

 

13

ただただ、眺める。それだけで幸せな時間。


カテゴリー:日記

鳥山高史展開催中

投稿日:2017年11月21日

個展前日の搬入。並ぶ作品に興奮ぎみです!

01

SUITOU    ガラスの中に水を入れる その中に蝋燭 そして灯がともる

11

ガラスの揺らぐ灯に暖かくなる。

但馬地方での鳥山さんの本格的な作品展は初めてなので一人でも多くの方に見ていただきたい!です。


カテゴリー:日記

2017年 がっせぇアート本展

投稿日:2017年11月17日

急に寒くなりました。

がっせぇアート本展の会場、兵庫県立但馬長寿の郷も紅葉で彩られています。

IMG_1830

8回もの開催になるのですね。

IMG_1833

毎回、表現された作品をアートとして完成させるスタッフの力に感動してしまう。

作品つくりの様子もコメントとして添えられているが、それは作品をさらに輝かせている。

「創作せずにはいられない作者の日課として生み出された作品」を「年中無休」というテーマで

特別展示されている。

IMG_1835

「せずにはいられない」という強い言葉に心掴まれる。

見応えのある作品展でした。

さあ!もくめ屋の個展も目の前!

初日のお天気が悪いようでちょっと心配ですが、そんな寒い日はもくめ屋の

ストーブで温まりに来てください。


カテゴリー:日記
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 70