2018年 初釜

投稿日:2018年1月8日

新しい年になりました。おめでとうございます。

m_1231_06

もくめ屋は2006年の秋にモデルルームとしてオープンしました。

手仕事を紹介する場所に!と考えて進めてきましたが、徐々にフットワークは重くなるばかり。

「いつ来ても閉まっている」とよくお叱りを受けたものです。

そんな時に鳥山高史さんと個展のお話が決まり、もう無我夢中でした。

大変でしたが多くの学びと出会いがあり、充実した濃密な時間を過ごしました。

ありがとうございました。

今年はまだまだこの波に乗ったまま進みます。

さて、今年の始まりもやはりお茶の話題から。初釜です。

IMG_1881

懐石料理も先生自ら手作りしてくださいます。

IMG_1882

なんと!今年は濃茶のお点前の役を承りました。

いくら身内のお点前とは言え、12人の目で見つめられると緊張しました〜!

でも、沢山笑って楽しい初釜でした。

初釜の待合には鳥谷高史さんの作品。温もりのある灯でお客様をお出迎えです。

IMG_1888

今年の目標。丁寧な暮らしぶりに努めること。

今年もどうぞ宜しくお願いします。


カテゴリー:日記

お正月準備

投稿日:2017年12月31日

2017年も後数時間を残すのみとなりました。

早いですねぇ。

12月は行事が盛りだくさんでブログにアップしたいのに、その時間が取れず気がつけば12月は3回しか

アップできていません。

焦りましたわ。

昨日はお正月準備でお餅つきをしました。

黒柿の杵です。

m_1231_01

孫たちもお手伝い・・・というより粉遊び。

m_1231_02

家中白い粉が飛び、かわいい小さな手形があちこちに。

さて、今年も多くの方に助けられ、お世話になった一年でした。

多くの出会いが、繋がり広がっていくことに喜びを感じています。

来年も手仕事にこだわりながら丁寧な仕事と暮らしに努めます。

どうぞよろしくお願いします。

もくめ屋の玄関の竿も清々しい青竹に。新年を迎える準備は整いました。

m_1231_04

皆様、どうぞ良いお年をお迎えくださいませ。

 


カテゴリー:日記

和室リフォーム

投稿日:2017年12月25日

こだわりのもくめ屋の仕事を好んでくださるお客様は、やはり無垢材にこだわった本物志向のお客様が多いです。

今、お世話になっている施主様も、親方以上にこだわりをお持ちの方です。

そのこだわりの和室のリフォームの一部をご紹介します。

元々、天井には梁はありませんでしたが遊び心たっぷりに仕上げています。

存在感のある美しい梁。栗材。

天井には煤竹で組んだ換気口の格子。この煤竹があるだけで梁の味が出てきますね。

DSCN8244

壁も新たに珪藻土で仕上げ、吸気口としても活用できる無双窓を取り付けました。

材はウォールナットと杉。

DSCN8247

どこをとってみても手仕事が感じられる、心が豊かになる空間です。

大人の遊び部屋。贅沢な一部屋です。

来年には他の部屋もお世話になります。

施主様より親方の方が楽しみにしているのかもしれません。

又、ご紹介できたらと思います。

ご期待ください。


カテゴリー:日記

漆掻き 猪狩史幸  みたての西山

投稿日:2017年12月11日

但馬にはいよいよ冬将軍のお出ましで、もくめ屋の蹲も雪景色です。

25086545_1761455683873777_570293481_o

毎日慌ただしく時間が過ぎていく。

鳥山高史さんの作品展が終わった後も作品の問い合わせが多く、それが英文のメールだったりするので対応に追われる日々でした。

但馬の片隅にありながら世界中と繋がっている事に喜びを感じております。

さあ!来年に向けてできる事を進めなくては!と意気込んで、12月6日に京都下鴨神社そばの川口美術へ出かけました。

漆掻き 猪狩史幸(いがき まさゆき)さんの作品展です。漆掻きの道具

IMG_1854

一年の半分で漆を掻き、残り半分で漆を塗り重ねるスタイルで活動されています。

10年ほどご自宅で使い込まれたお椀を拝見しましたが、重厚な美しい光沢をまとっていました。

生漆で塗られたお椀は生地のもくめもうっすらと透けて見る角度によって表情が違います。

猪狩史幸さんともくめ屋の親方。漆の事でなにやら熱く語り合う職人二人。

作品の間には役目を終えた漆の木が立かけられている。

IMG_1853

そして、この日を狙ってきたもうひとつの目的。

新羅土器・みたての西山の花生!

IMG_1857

ガラスの写り込みが激しく写真の質が悪くて西山さんに申し訳ない。

苔と小さな松。個性の強い土器を生かし小さな植物も引き立っている。

ただ唸るばかり・・・。脱帽。


カテゴリー:日記

鳥山高史展を終えて。

投稿日:2017年11月29日

三年ぶりの企画展。

更に本格的な個展は初めての経験です。

今回は「鳥山さんの好きなようにもくめ屋の空間を使ってください」とお願いして、

DMの撮影から空間の設えまで、全て鳥山さんのイメージで作り上げて頂きました。

久しぶりにギャラリーとして動かす事へ、漠然とした不安がDMの写真と搬入の当日の作品の種類と量に圧倒されて興奮状態!

 

もくめ屋が鳥山ワールドに!

IMG_8020

00

05

でも、ほんとに中国から買い付けにお見えになるとは!

そして、岡山からも。

鳥山さんの人気の凄さに驚くばかり。

IMG_7990

売れ筋のものに惑わされないで、本物の手仕事を紹介したい!

そう考えてもくめ屋をオープンさせたのに、少しブレ初めてどこか逃げている自分がいました。

今回、鳥山さんのまっすぐに筋の通った生き方に触れてもう一度原点に戻って楽しんでみようと決意!

忙しいとか年齢のせいにするのはもうやめよう。

八日間あんなに楽しかったんだもの。

終了日の夜、明日から日常に戻りちょっとゆっくりできるなぁ〜と思う以上に寂しさが胸に広がってました。

来年の春には次の企画展を計画してます!

その為に今から少しづつ準備を始めます。

ご期待ください。


カテゴリー:日記
1 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 74