か行庵

投稿日:2016年4月30日

兵庫県豊岡市日高町八代地区。

ここに江戸後期から昭和にかけて代々続いたお医者様、井東医院がある。

IMG_6289

四代目となる井東勇氏は投薬に頼らない治療方法であったらしい。

診察に見えた患者さんの脈を取りながらただ話を聞き最後に「十分休んで養生してください。」この治療の診察代は100円。

谷あいにあるこの村は峠を越えると別の集落がある。

峠越えは馬に乗り患者の元へ向かったらしいが、勾配の厳しい道は自ら馬を降り馬には人参をたべさせながら馬を引いて歩いたという。

実際に診察を受けたことのある地区の人から多くの逸話が溢れる。

1916年に四代目の勇氏がなくなると後継者がなく空き家のまま放置される。

八代地区の人は行政に保存を掛け合ったが受け入れられず。じゃあ自分たちで井東先生の功績を語り継ぎながらこの場所を交流の場にしようと動きが始まる。

地元有志が40年以上も放置された建物を、まずご親族に許可を取り、家の掃除修復・・・。誰も住んでいない建物の荒れ方は凄まじいものです。

それをほぼ素人の集まりである人たちが全くの無償で、道具を手にして壁を塗り替え、あちこちから古い建具等をもらい受け、大工さんから2年はかかると言われていたところを4ヶ月で人が入れるようにしたとのこと。

IMG_6286

この動きは多くの方の共感を得て賛同者も増えていっているらしい。

IMG_6288

軸となるご夫妻。特に奥様がパワフル!文化芸術への造詣も深くなんでも見て体感される。

井東医院の入り口ちかくにある等身大のお人形。懐かしい時代の風景。実はこのお人形も奥様の手作り。表情がなんとも良いです。奥のおばあちゃんもお人形です。

IMG_6285

作者の豊かな心が溢れて見ているこちらもニンマリしてしまいます。

IMG_6283

井東医院保存会の三好さん 0796-42-1504


カテゴリー:日記