やくの木の漆の館

投稿日:2014年8月15日

京都府福知山市夜久野町にある「漆の館」

ここでは漆の歴史から塗りの体験まで学ぶ事が出来ます。実はもくめ屋の親方も漆りを学びに通っておりました。

Exif_JPEG_PICTURE

漆器は最近あまり目にしなくなりましたね。

たとえば食洗機には使えません。乱暴に扱う事もいけません。

でも、漆は当然の事ながら漆の樹液を塗料として使っているので環境にも人体にも優しい自然塗料。

そして、その皮膜には独特の優雅さがあります。

何回も塗り重ねたり、研ぎ出したりと工芸の表現力は無限大で、尚かつ修理再生も可能です。

こんなに優れものなのに身近から姿を消している事が寂しい。

本漆の道具を使う生活が日常から遠いところに離れているのでしょう。

さて、漆の館で見つけた面白い物。

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

なんと、「こより」を固めた紙胎に漆をぬって作り上げたお煎茶道具一式。

戦争で足が不自由になった方が作者とのこと。

手は自由に動くからと手で和紙を撚るところから始まる。何本も何本も撚りあげてそれを器としていく。

漆塗りも全くの独学らしい。でも何回も何回もぬり重ねて艶が出て丈夫な物に。

実はこの道具はかなりのご高齢の方が「父が大事に生前に自分で創りました。修理して頂けませんか。」と漆の館に持ち込まれたもの。

箔ちらしの技法も取り入れられ立派な工芸品であります。

Exif_JPEG_PICTURE

100年以上の時を経てもうすぐ漆の館の技術師さんたちの手で蘇る予定です。

漆の館の藤井先生!お忙しいところ丁寧にご説明くださりありがとうございました。


カテゴリー:日記