メンヨという仕事

投稿日:2016年7月13日

但馬では建物を持ち上げて移動させたりする曳家の事をメンヨと呼びます。

昔は建物全体を移動させる事も多くありましたが、最近は見る事がなくなりました。

それでも昔ながらのお宅の修繕には活躍されてます。

今日はそのメンヨ工事のご紹介。

施工前の路地門です。

スキャン 5

骨組みだけに。

 

DSCN8132

修理する門の部分だけを持ち上げます。

DSCN8127

基礎石を引き上げて据え直し。土中の基礎石は大きくて深くこの作業がかなり手間が要ります。

さすがに長年のキャリアのある職人さん達で正確な仕事ぶり。僅かな妥協も許さないその精神性に敬服したと親方が言ってました。

基礎が修復されて下地張り。

DSCN8135

そして施工後。

DSCN8138

腰壁の石も同じように配置してあります。

杉のもくめの存在感も見事ですね。

見事に生まれ変わりました。

メンヨ工事は華やかさはなくその上重労働。

しかし強くて美しい家を再生するためには重要な技術です。

メンヨ以外の建具師さん、左官屋さん、関わった職人さん達皆が達成感溢れる現場でした。

仕事させて頂いた施主様に感謝です。


カテゴリー:日記