国登録有形文化財「平尾家住宅」特別公開プレ講座

投稿日:2016年10月30日

平成20年に登録された但馬最大の大地主・平尾源太夫邸。

その邸宅が一部公開されるようになって今年は5回目となる。

又、離れに残された襖絵が「友田安清」の手になる作品だという事が判明し更に話題を呼んでいる。

その公開を前に事前学習となる講座が開催されて会場は多くの参加者で埋め尽

くされた。

img_0641

襖絵を描いた絵師「友田安清」。

豊岡市の文化財室勤務の潮崎氏と出石焼き研究者の谷口弘美氏から友田安清の足跡と但馬とのつながりについての説明を受ける。

その話の後、友田安清にまつわる逸話を11代の当主が少しお話くださる。

こんなお話が聞けるのはライブならでは。

そして、兵庫県ヘリテージマネージャーで設計士でもある福岡隆夫氏から住宅の図面と写真を見ながらの見所の説明を受ける。

棟札にある手斧始めの記録が明治11年。基礎が明治29年からかかり30年に建前。

東西90m南北最大60mの約1200坪の広大な敷地ですからその当時なら必要な期間だったのでしょう。

吟味された良質材、手の込んだ造り、頑強な骨組み。

そして、平尾邸のある豊岡市森尾地区集落。

集落と平尾邸の景観調和についての話もあり、私にとっては新しい神美地区を知ることになりました。

 

「少しお手伝いしてくださいませんか。」とお声かけてくださる方がいて、お役に立てるかどうかわからないけどと出向きました。

案の定、受付で平尾さんの奥様から参加費¥300を頂いちゃったのは・・・私です。

img_0607

さて、ご案内です。

「平尾家住宅」第5回特別公開 11月6日(日)10時〜15時半

  開催場所 豊岡市森尾958

 

一人でも多くの方に良質の木造建築を肌で感じていただけますように。

 


カテゴリー:日記