城崎の移動図書館

投稿日:2015年4月16日

先日のこと。豊岡市立図書館城崎分館に用事があって出かける。

行きの車中でもしかして・・・と案じていた通り不安的中。・・・休館日だった。

ここまで来たのだからと気になっていた 「ブックディレクター 幅 允孝さん」セレクトの移動図書館を目指すことにする。

国際アートセンターにあるとのこと。

滞在型の創造活動の拠点として使われている場所。例えばお芝居だったりダンスだったり、ここで長期滞在しながら練習して作品を完成させていくところらしい。

こんなに近くにいるのに初めて来ました!

DSC_0047

ロビーに入るとすぐ楽しそうな本が並んだ車がお出迎え。

DSC_0046

どの本も静かな笑顔で待ち受けてくれている。

DSC_0043

温泉に関する本。旅行に関する本。もちろん志賀直哉の「城崎にて」も!

スヌーピーもある。

セレクトが深い。「へぇ〜こんな本があったんだ。」と独り言をつぶやいてしまう。

本屋での背表紙との出会いに心躍らせた時間を思い出した。

最近本屋も図書館も遠のいているからなぁ。

本はアマゾンで買い、調べ物はネットで検索。知った気になっているけどまるっきり知識として蓄積されてないのが今の自分だ。

本を手に取れば思うままにどこの世界にも出かけられるのに。モッタイナイ。

 

 

本日の市立図書館の休館日に感謝!

そして、丁寧に調べて対応してくださった美しい城崎支所の女性職員の方、それから国際アートセンターの館長さん、本来はお休みの日ですのに男前の笑顔で、豊かで素晴らしい説明でおもてなししていただきました。

雨降りが春の優しい雨に変わった一日でありました。

ところで、国際アートセンターのロビーには被り物のコウノトリが足を広げて座ってます。

DSC_0041

やっぱりコウノトリってちょっと怖いよ〜。お行儀悪いし。

 

 

 

 


カテゴリー:日記