季節のお点前

投稿日:2014年7月14日

7月のお茶のお稽古は、あまりの蒸し暑さで着物を諦める。

第一に長襦袢に夏用の半襟がついてないというお粗末ぶり。情け無い・・・。

さて、お稽古は季節のお点前です。葉蓋と洗い茶巾の組み合わせ。

本来はお水差しはもっと細い造りの物を使うようです。葉っぱも梶の葉が正式ですが、これは先生のお宅のぶどうの葉。涼やか。

Exif_JPEG_PICTURE

お菓子は京都大極殿本舗の「ゆずしぐれ」その名の通りゆずの香りがほんのりして寒天の食感が爽やかさを増してくれます。口に入れるとほどけていくような優しい甘さで、美味しゅうございました。

Exif_JPEG_PICTURE

細やかな季節の表現と、それを柔らかく掬いとる日本人であることの幸せな時間。


カテゴリー:日記