小さな村の夏祭り 兵庫県豊岡市倉見

投稿日:2017年8月17日

私の住んで居る小さな小さな集落は、約40件ほどの家で成り立っています。御多分に洩れず村民は減っていくばかり。

後代のない家も沢山あります。

そんな村ですが、お盆の14日の夜には驚くくらいの人で賑わいます。

里帰りしてきた若者や親戚、友人まで集う夏祭りが氏神様の境内で開催されるんです!

カラオケ大会と称して歌や踊りで盛り上がり、最後はビンゴゲームと河内男節の盆踊りで締めくくり。

子供達は、かき氷、ヨーヨー釣り、金魚すくいとお楽しみ満載!

焼き鳥やフランクフルトの屋台もでます。飲み放題、食べ放題です!

今年は始まる前から雨に祟られて公民館の中がステージになりました。このノスタルジックな感じが良いでしょう?

IMG_1574

バルーンアートで門の飾り付け。テントも準備完了です。

IMG_1572

さて、時間になると可愛い子供たちの歌声やノリのいい歌が続きます。

そして、この私もステージ上へ。婦人部の役員5人でなんとピンクレディーの「渚のシンドバット」を踊りましたのさ。

とは言ってもスイミングキャップとゴーグルと浮き輪つきなのでダンスが売りではありません。

2分程のダンスを何度も集まって練習して・・・小さな赤ちゃんのいるママもいてお乳やりながらの練習の甲斐あって大好評を博しました!

楽しかったわぁ。写真がないのが残念。

小さな村の賑やかな一夜でした。

そして、秋の村祭りでは餅まきがあってやはり親戚縁者が寄ります。

又、氏神様の境内に驚くくらいの人が溢れかえります。

この地区の行事を担う青年部に感謝した夜でした。


カテゴリー:日記