正午の茶事  水屋手伝い?

投稿日:2016年3月1日

但馬は再びの雪の景色。

春への道のりは長い。

さて、ほんの二日前の日曜日はポカポカ陽気でした。

この日は、お茶事のお水屋仕事のお手伝いをさせて頂く幸運に恵まれました。

まだまだ初心者の私。お茶事も一つ一つが断片で全体の流れがつかめていない。

お手伝いなのか邪魔しているのかよく解らないーというのはこの日の私の形容詞です。

一緒に水屋お手伝いのお若いMちゃんの手枷足枷状態。ご迷惑をおかけしました。

さてさて、水屋では「味、大丈夫かしらね?」と先生がお尋ねになられます。

ここで私の出番!味見という名の大役です。

先生お手製の懐石料理はイタリアンのアレンジもあり、目新しくてほんとに美味しい!

そしてお菓子。

お主菓子もお干菓子も待ちわびる春がもう満開のようなお菓子です。

お茶室の方から「わぁ〜!」と華やいだ声があがってました。

お盆の上に春が舞ってます。(M姫の盛り付けのセンスの冴え!さすがでござる!)

IMG_6146

味見以外に何のお役にもたてず、そればかりか色々失敗をやらかした私でしたが、先生から勿体無いような笑顔でお礼の言葉を頂戴しました。

ますます情けなくなる。あれもこれも・・・と反省しきりでガックリ肩を落としながら外へ出てみると・・・春の開花ラッシュを告げる沈丁花の香り。

IMG_6139

また季節が移りだしました。

反省を次の糧に!


カテゴリー:日記