秋のイベント続き

投稿日:2016年10月20日

10月になるとイベントが続きたった一つからだでは全てを制覇出来ない。

木彫フォークアートおおや」はかろうじて覗くことが出来る。

(もうすでに終了したイベントなのでご紹介するには遅すぎるのですが。)

img_0559

今年も全国からの100点を越す応募作品が集まりました。

土曜日に出かけたので多くの人かと思ったらそうでもなくてゆっくり見て回る。

どれも固い木の彫刻と思えないような柔らかな線です。

ユニークな発想とひねりの効いたネーミングが作品をより魅力的なものにしています。

「 八転大笑 」 見ているこちらも大笑いしてしまいます。要るよね。こんなおばあちゃん。

img_0563

ただ、木の特徴をそのまま生かした作品が少ないのが残念。

審査対象がそういう作品を求めてないからなのでしょうか。

木が好きなものにとっては「もくめは何処へ・・・?」「木肌は?」色塗りされた作品を前に少し頭をかしげてしまいました。

だからどうしても木のもつ素材感を大切にしている作品に惹かれます。

写真がイマイチなんだけどこれは種類の違う木を使った作品。

石(?)に見立てた木は全て種類が違うため、磨かれて出てくるその表情の違いが美しくて味がある。

(なのに作品の題名を残してなくて・・・作者の方すいません。)

img_0566-1

とはいえこれは個人的な嗜好の問題です。

これからも更に楽しい作品が集まれば!応援しますよ!


カテゴリー:日記