越前打刃物

投稿日:2015年12月22日

福井県は漆器、和紙、家具、焼き物、刃物と多くの工芸が伝承されている県です。

その中で、鎌を作ったことが始まりとされる「越前打刃物」

最近よくTVで紹介されている龍泉のステーキナイフもこの土地から生まれました。

熟練の鍛造技術から生み出される龍泉輪ブレード。

その波紋模様をどうしてもこの目で見たいと出かけました。

越前打刃物組合。

工場が立ち並ぶその中に解りやすいオブジェとともにありました。

Exif_JPEG_PICTURE

さて、これが5年待ちのステーキナイフ。

これは単なる装飾ではなく機能を追求した結果、生まれた文様。

美しいです。

Exif_JPEG_PICTURE

どちらにしてもステーキナイフを必要としない我が家の食生活。

で、龍泉が刃部分を作り上げたペティナイフを求めました。

IMG_6869

そしてどうしても気になる越前家具。

せっかくここまで来たのだからと強い風雨の中「家具町」に出かける。

ケヤキの木材に分厚い金物、漆塗りが施された越前箪笥。

Exif_JPEG_PICTURE

ここの若旦那が丁寧に箪笥の魅力をお話くださる。

土地の伝統を次に伝えていくための努力は惜しまないと色んな新しい試みもなさっているよう。

日本海は大荒れの日でしたが出会うひとが皆暖かく、胸の中に大切なものをお土産にもらったような一日になりました。


カテゴリー:日記