鉄製わらび手

投稿日:2015年6月23日

タンスの引き手。

Exif_JPEG_PICTURE

最近はこういう引き手のついたタンスが売れないらしい。

なので当然のことながら手作りの引き手の需要もなくなります。

創業200年以上の京都の老舗、室金物のショーウインドに並ぶ一部の引き手も、もうここに出ているのみ。

以後はオーダーになるらしい。

桂離宮の建具の引き手。有名な月文字や鶴型もある。

Exif_JPEG_PICTURE

 

鉄製わらび手の引き手を探して訪れた室金物。

さすがに和金物にも詳しくお尋ねするとドラえもんのポケットかと思うくらいにスイスイと見せてくださる。

しかし、これも一つ一つ職人の手仕事ですから数揃えるとなると出来上がりに時間かかります。

ちなみにわらび手とは「先端が巻き込んだ早蕨(さわらび)形の意匠」が施されている引き手をこう呼ぶ・・・らしい。

Exif_JPEG_PICTURE

たかが引き手と侮ることなかれ。小さな存在で部屋の印象を変えてしまいますから!


カテゴリー:日記