鳥山高史さんの工房にて

投稿日:2018年3月9日

4月に計画しているテーブル展はもくめ屋と鳥山高史さんとのコラボです。

鳥山さんが培ったアイアンの加工技術ともくめ屋の親方が選んだ無垢の板。

鋼材と自然素材。アーティストと職人。こだわりの二人がそれぞれの得意とする分野で力を合わせます。

今日、詳細な打ち合わせも兼ねて丹波市にある鳥山さんの工房にお邪魔してきました。

工房兼自宅は集落の一番奥。山の麓にあり、周辺は大きな木に囲まれた広い静かな場所でした。

お天気が悪くて鈍色の空ですが、桜の大木です。

IMG_1989

他にも数種類の椿など、家の周りは花の咲く樹木に囲まれていて春は百花繚乱の様相を呈するのでしょう!

IMG_1986

さて、一度もくめ屋に持参いただいた小テーブルの脚は「少し華奢すぎた。」と改めて作り直してもらってました。

豊岡から持って行った欅の天板をのせてみます。

雰囲気はなかなか良い感じですがもう少し改良するところがあるようで、二人で念入りに打ち合わせていました。

工房の中も拝見しました。工房も使っている炉も自作です。

どこまでもストイックに作品作りに臨んでいらっしゃる姿勢を改めて感じました。

もくめ屋と鳥山高史さんのコラボレーションは私たちにとって新しい試みです。

春の訪れとともにワクワクするような内容にしようと奮闘中です。

どうぞお楽しみに!!


カテゴリー:日記