2017建具フェア 金沢

投稿日:2017年6月19日

今年の建具フェアは金沢。車で4時間余りです。

金沢建具組合が結成100周年記念ということで地元の工務店や建築事務所、職人さん制作による「百万石黄金の茶室」の展示がありました。

さすがに箔の金沢です。しかし茶室の周辺には厳重にテープが張り巡らされ遠くからの拝見で私の目に焼き付けられたものは「金色」しかありません。

IMG_1433

恐らく手で触るのを阻止するための、この距離。なんでしょうね。

さて、建具フェアはやはり組子中心です。

値段も付いてましたが、12,000,000円の値が付いているものもありました!

確かに複雑で美しい建具なのでそれくらいの制作工程を必要とするのでしょう。

こちらは「カタカタ」と名前の付いた遊具。木製の鳥が傾斜を利用してカタカタと音を立てながら低い方へと動いていきます。

IMG_1436

 

 

のんびりとしたアナログな動きで子供にも人気の作品。

 

総理大臣賞はこの「竹田城跡」作成者は三重県の方でした。

IMG_1443

城跡を取り巻く雲海はもちろん組子細工です。

美しい技術が継承されますように。

IMG_1429

IMG_1431


カテゴリー:日記